医学生の暇つぶし

医学部のひとりぐらし、暇な時にちまちま書きます

ハヤテのごとく駆け抜けた思い出

 どうもひつまぶしです。

 今週で病院実習最大の辛さを誇る、脳神経外科をのりこえ、一安心ですね。(まぁ緊張の糸が溶けて風邪ひいたのですが)

 さて世間は新型コロナウイルス全盛期ですが、コロナウイルスの唯一の良かった点としてサンデーウェブリというアプリでハヤテのごとくという漫画が全52巻全て無料になって、読むことができたということですかね。

 ハヤテのごとくは自分が小さい時に土曜か日曜の朝やっていたアニメで、あの頃の自分には刺激が強かったので鮮明に覚えています。あの頃はマリアが好きで、でもマリアが好きと言うと周りからおばさん(18歳)好きなのかよと弄られてしまうのが嫌で、ヒナギク推しという事にしていました。とはいえ月日はあっという間に流れて、もうマリアよりも年上になりマリア好きと言ってもロリコンになりそうな年齢になりました。辛いですね…

ここからは ハヤテのごとくのネタバレを含みますのでもし見る方はお気をつけて

 

 

 

 ハヤテのごとくを個人的に分類すると、馴れ初めコメディパート、水蓮寺ルカパート、天皇アテネパート、王玉パートの4つに分かれていると思います。どのパートが一番良かったかと考えて見ると、実はアテネのパートが一番好きだったりします。だって昔の恋人に再会するのなんてめっちゃよくないですか?しかもアテネ可愛いし

 私は今回1巻から52巻まで一気に読みましたが、もちろん小さい時にも結構読んでいて、特に序盤はとても懐かしかった。別に水蓮寺が好きなわけではないんですけどなんか水蓮寺パートは特に覚えていましたね。(やはり新たなヒロインというのが当時は衝撃だったのでしょうか。)多分アテネ編は読んだこと無かった。

 ハヤテのごとくはキャラを殺さない(影を薄くしない)という点で圧倒的に上手い作品だなと感じました。ずいぶん昔に見たっきりだったのにキャラの性格や見せ場をしっかり覚えていられるというのは作中に良い頻度でキャラクターが登場していたという事であり、見せ方も良かったという事だと思うんですよね。伏線回収も上手いなと感じました。作中でもありましたが13年間の連載にもなるとキャラも伏線も膨大でそれを上手く処理したのは作者の技量と努力なんだろうなと

 さて、カラコイ〜だから少女は恋をする〜というキャラソンがありまして、作中のタイトルにもなっているのですが、恋とは何かをナギがハヤテに聞くという歌詞構成となっており、ハヤテが悩んでいる間に最後ナギが『分からないから恋なのだ』と言うのですが、これ深すぎません?ナギもハヤテも分からない気持ちを持って、でも確かにお互いのことを思っている。それが恋なのか愛なのか、それともどちらでもないかも知れないけれど、どれが恋かなんて分からない。読み終わってから改めて聴いて見ると、涙が止まりません。

 どの巻も読みやすかったのですが、特に最後の6.7巻はあっという間に読んでしまいました。1巻からすれ違っていた二人の気持ちとみんながハヤテを思う気持ちが複雑に絡みあって均衡が取れていたものが少しずつ解れて前に進み始める感じが、嬉しくもあり、終わりの近づきを感じて寂しくもあるなんとも言えないドキドキ感が読むスピードを上げさせました。

 最終巻はハヤテの気持ちに焦点が当たった回でしたけど、バトルも総力戦で見どころだらけでした。紫子の願いは全ての伏線を回収する圧倒的な願い、人生をかけた願いが長い時を経て二人を繋ぐ、ハヤテのごとくってこうやって終わるんだって、昔からの思い出がきちんと製本されて心のアルバムに収まった気がしました。(あとマリアってやっぱり頭いいんやなって)

 

 疾風の如く過ぎ去った月日はもう戻ってこないですが、思い出はその場所に残り続けてて振り返って見直して見ると、心が満たされる。そうすると歳を取ったなと感じるし、また振り返った時に心が満たされるような今を過ごして行こうと感じるわけです。

 

 

趣味への熱量の大切さ

 どうもひつまぶしです。

 

 最近はめっきり忙しく、趣味をする時間もない。というか時間があってもやろうと思わない。なんてことが発生している人は意外と多いのではないかと思います。

 私は色々趣味がありましたが、最近は忙殺され、ほとんどの趣味はやめてしまいました。しかしゴルフはやる気がまだ残っていて、ほんの少しの時間を見つけて練習に行ったりとか、情報を調べたりとかしています。

 

 趣味というものは極論無くても生きていくことができるものなので、忙しいと消されていってしまうもの。しかし忙しい中でも熱を持っている趣味は、とても大切な財産となるだろうと思うのです。

 

 いわゆる仕事人間はactiveな時間を全て仕事に使えるので、仕事では確かに優秀です。とはいえ所詮は人間ですから、ミスをすることや分からないこともあります。その時にとてつもないストレスがかかってしまうように思えるのです。どんなことでも極めて武器にする事は大事ですが、それしか無くなってしまうと、視野も狭くなり辛くなるでしょう。そんな時に視点や気分を変えてくれるようなものを持っていると長期的には有利であると思うわけです。

 視点や気分を変えてくれるものの条件は自分が本当に好きな事ということです。確かにやった事ないことや普段行かない旅行なんかも気分を変えられるでしょう。しかし辛い時は何もしたくないものなのです。でも何もしないと辛い。そんな悪循環に入っているのです。

 そんな時にはそのものに対しての熱量が必要になります。疲れとか関係ない!やりたいからやる。そんな気持ちを持てるものがあるのなら、それは仕事人間には絶対に無いもので生きていく中でとても大切なものだと思います。

 

 趣味とは言わずとも副業などもありだと思います。とにかく道をたくさん持っておくことが大事なのです。一つの道が塞がっても、塞がっている時だけ他の道を通れば良いのです。それは塞がっていない人に比べれば回り道ではありますが、確かに前に進んでいるのです。今塞がっていない人もいつかは壁にぶつかります。それは時間の問題で、その時仕事人間は完全に止まってしまうわけですから、今現在少し追い抜かれていても何も気にする必要はないし、自分のペースで進んでいけば良いわけです。

 

 仕事が趣味の人はどうするかというと……

 

 

  そのまま壁をぶっ壊して突き進んでください!

理不尽に向き合う力

 理不尽に怒られた。他人よりたくさん仕事を押し付けられた。誰も努力を褒めてくれない、みんなミスを責めるだけ。そういう考えを今の人はみんな持っていて、その結果結果怒られたくない、指摘されたくない、なるべく早く帰りたいという考えを持った保守的草食的人間が生まれる。

 私もこの人間の1人であった。なぜなら他人より遅くまで残って頑張っても評価は、なんか夜遅くまで一人で頑張っているやつという嬉しくもなんともないもの。さらにミスする確率と嫌味な上司との接触が増えるおまけ付き。家に帰れば怒られないし、新たに仕事を振られる事もない。働き方改革なんだからみんなホワイトに和気藹々と行きましょうよ。

そう思っていた。

 

 そういう考えを改めなくてはと考えたのは最近で、それは実習中にとても優しい先生と話をした時のことであった。その先生は学生は疲れるだろうし、来なくてもいいよというスタンスの先生で保守的人間からすれば神の様な先生であった。その先生曰く「最近の実習生は全体的に良くも悪くも良い子で、自分からあれがやりたいとかこれに挑戦してみたいという事を言わない。それで必要な時にやらせてみるとできない。それで怒られる。そして怒られた事をとても気にしてもっとなにもしなくなる。言われた事しかやらないんじゃ大きな成長は望めない。人間どんな事もtry&error なんだから。」感銘を受けた。

 自分からは何もしない。帰りたい。言われたからやってみたら初めてだったから失敗してしまった。その事を怒鳴りつける人もいれば、優しく指導してくれる人もいるだろう。ただいつも帰りたそうにしている人に優しくしてくれる人は多くはないだろう。それが歳をとってからなら尚更だ。

 この短い会話から色々と考えさせられた。まずは怒られる事は仕方ないということ。初めてやるんだから失敗するのは仕方がない。それを叱られるのは理不尽と感じてしまうかもしれないが、それはその人なりの指導なのであって、それを恐れる必要はない。次から間違えない様にすればいいのだから。次も間違えたらまた怒られればいいのである。次にやりたい事はやりたいと言ってみるという事。まだ学生でそれでミスがあったとしても自分に責任が生じる事はないのだからやってみたほうが良い。体験して見た方がいい。その時の友達よりも帰る時間は遅れるかもしれないが、その友達よりも一つでも多くミスを体験できたら、そんな1、2時間の差なんてお釣りが来るくらい有意義な時間になるだろう。

 「俺らの若い頃は・・・」と聞くと蕁麻疹が出てしまう人が多いと思うがその話は実はこのtry&error を行なっておかないと後々苦労するぞという大切な助言なのかもしれない………信じるか信じないかはあなた次第です。

いざ思い出の地へ

 どうもひつまぶしです。

 突然ですが皆さんは自分の思い出のアニメってありますか?私はけいおん!というアニメがそれにあたります。とっても好きで初めてグッズとかを買ったアニメなんですよね。これを皮切りに色々なアニメを観る様になりました。

 けいおん!は女子高生がゆる〜く軽音楽部で青春を送る。いわゆる日常系アニメで、男女問わず今から見ても楽しめるアニメだと思うので観てない方は是非観てみてください。

 そんなけいおん!ですが、桜が丘高校の舞台となった小学校が滋賀県豊郷町にありまして、これは行ってみなくてはと思い、行ってきました。

 

 

 

 結論から言うと、めちゃくちゃ良かったです!外観から校舎内までそのまんまけいおん!で、アニメや映画を見た後行けば、泣いちゃう位すごいです。実際泣きました。少し紹介すると、

f:id:youthfulday:20191125111656j:plain

校門より

外観から感じるけいおん感。テンションが上がります。こんな学校に通ってたら毎日楽しいだろうなと

 

f:id:youthfulday:20191125112407j:plain

校長の像

なにかと劇中に出てきた像。特に何かあるわけではないけど、何故か撮らずにはいられなかった。本当なんでやろ?

 

f:id:youthfulday:20191125105328j:plain

思い出のラジカセ

アニメの中で度々登場するラジカセ君。置いてある椅子も、中に入っているカセットも、原作そのまんまで、何年も前なのにアニメの情景がまじまじと思い浮かべられます。

 

f:id:youthfulday:20191125105634j:plain

兎と亀の階段

唯とかが降りる時に甲羅を撫でていたあの階段です。これも本当にそのまんま。うさかめは劇中にも歌としても出てきますし、けいおん!の大事な要素なんだなって実感しました。ちなみに載せませんけど撫でながら降りる動画も撮りました笑

 

f:id:youthfulday:20191125111925j:plain

下駄箱

みんなの上履きが入った下駄箱。唯がひらがななのとか、先生や後輩のも入ってるのが良すぎる。

 

f:id:youthfulday:20191125112103j:plain

みんなで歌った屋上

エンディングや劇中でいっぱい出てきた屋上。鍵がかかっていて外には出れないけど、晴れているとめっちゃ気持ちよさそう。いつか寝転がってみたい。

 

f:id:youthfulday:20191125110035j:plain

放課後ティータイム

こんな高校生活送りたかった…

 

あずにゃんだけティーカップ違うのいいですよね。うんたんのカスタネット置いてあったり卒業式の写真おいてあったりで情報量が多いですけど、なんか卒業したんだなって感じで泣けてきちゃいますね。毎日ここでお茶してるの仲良すぎるし、羨ましすぎる。

 

 

 

と、こんな感じです。

 アニメ見た人にしか伝わらないかもですけど本当に良かったので、滋賀県にいく機会があったら是非行ってみて下さい。私もまた行きます。

 

 ちなみに観光案内所見たいのが近くにあってそこの展示もけいおん!ファンにはたまらない感じで、

f:id:youthfulday:20191125113211j:plain

思い出の楽器たち

他にも漫画とか、フィギュアとかもたくさん見れるので、とっても良い!是非行ってみて下さい。

 

 

 というわけで思い出の場所に行ってみたんですが、聖地巡礼っていいですね。お金かからないし、楽しいし。

 皆さんも是非この機会に自分の思い出の場所に行ってみてはいかがでしょうか?お金お金の世の中ですが、そこにはお金で買えない大切なものがあると思います。

 

 それではまたどこかで。

 

 

CBT、OSCEを終えて  〜燃え尽きた冬〜

 お久しぶりです。

 色々と大変なテストが終わり人生最後の冬休みへと突入しましたひつまぶしです。

 いつも忙しいといざ暇になった時何をしていいかわからない。でも何かしてないと落ち着かない謎の状況になりますよね。せっかくの長期休みなので何か自分のためになる事をしたいという気持ちもあり、色々と考えている毎日です。

 ただ自分のためになることって、とっても大変でやる気が起こらない。例えば英語の勉強とか国試の勉強とかやっておきたいなって思っても、何かきっかけがないとできないんですよね。結局ゴロゴロして過ごしてしまう。そうして過ごしていると忙しそうに、幸せそうに生きている人達が羨ましくてたまらなくなるんです。なんで自分は何もないのだろうかと

 普段家にいると色々考え事をしてしまうので鬱屈した気分の時には外に出て運動をすることにしています。運動している間はつまらない事をかんがえないので、とは言っても最近めっきり寒くなってこたつから出られません…運動習慣がある人はこんなに寒くてもよっしゃ外行くか!ってなるんですかね?自分はならないです。

 どうせなにもしないならゲームでもしようかなと思いまして、すでに1500時間位プレイしている某イカのゲームをやっているんですけど、なんかもう飽きました…流石にやりすぎた。完全に減価償却してます。てことで新しいゲームでもと思いまして、めっちゃ興味あるポケモンやろうかなと思い立ち、銀行で預金残高見て驚愕。ゲームなんか買ってたら食費なくなるわ!そうして家に帰り2段落前に戻るわけです。

 そんな解決策のない思考に囚われている私ですが、今日は本でも読もうかなと思っています。本なら身にもなりそうだし、お金もかからないしね。

 皆さまも有意義なお休みをお過ごし下さい。

 ではまた!

かわいい自分には旅をさせよ!!

どうもひつまぶしです。

先日初めて海外旅行に行ってきました。場所はオーストラリア!

最近日本では行っても10度が関の山の寒い日が続いていますがオーストラリアは33度めっちゃ暑いです。時差は1時間でほぼないのではじめての海外にはもってこいでした。

私は日本至上主義なので一生海外には行くまいと思っていたのですが行ってみると良いですね海外。もちろんご飯は日本の方が美味しいですが、周りみんなが英語を喋っているのがとっても新鮮でした。英語なんて大学1年生ぶりでしたし、英語自体日本で就職すればいらないだろって思っていたのですが、拙い英語でも外国で交流が取れるのはとっても刺激的で、もっとうまく気持ちを表現したいって感情が大きかったです。

 

外国で強く感じたのは、労働者を中心に社会が組み立てられているということです。例えばオーストラリアのショッピングモールは“午後5時”に閉まります。日本では信じられないですよね??

日本ではお客様中心なのでショッピングモールは早くとも8時まではやってますし従業員に至っては11時くらいまで働く人もいます。これは消費者には良いですが、労働者にとってはめちゃくちゃ劣悪。でも殆どの国民が労働者であり消費者であるため、どっちの制度が国民のためになっているのかというのは難しいところです。

普通なら仕事が5時に終わる海外式の方がいいなって思う人が大半だと思います。でも良く考えてみてください。コンビニに惣菜が揃っていて夜遅くに帰っても美味しいご飯が食べられる。少し遅くなっても生活用品が買いに行けるということがどれだけ私たちのQOLを上げているかということを。特に日本でも田舎は店が8時には完全に閉まってしまう所が多いです。そういう地域に住んだことがあれば分かると思いますが、それが5時になったらどれだけ辛くなるのか。

 

あともう一つ感じたのは、外国は自分で動いて自分で成果を挙げる必要があるということです。例えば日本では完全な受け身人間(社畜)がほとんどでなおかつそういう人間が偉くなっていきます。つまり労働者の理想の形は受け身人間ということになりますが、外国は自分で仕事をとって自分で動かないと何も得られません。これは自由という国風が象徴していると思います。これも得意不得意があって私は社畜の方が自分に合っていると思っています。長いものに巻かれるのは大嫌い、自分主導で何か成したいという人は絶対に外国式の方が合ってると思います。私は巻かれることをなんとも思わないので日本から出ることはないでしょう。

 

日本で暮らしてて人見知りで辛いとか、マンネリした日常に飽きてきたとか最近negativeなことばかり考えてしまうって方がいらしましたら是非思い切って海外に行くことをおすすめします。そんなことを全て吹き飛ばしてくれる非日常と否が応でもでも外国語で交流するので、小さなミスなんか気にしなくなりますよ!

 

 

超我流医学的根拠皆無な風邪撃退法

どうもひつまぶしです。

 

絶賛風邪で苦しみ続けている私ですが、風邪の時はこうすれば治りがいいなと感じたことがいくつかあるのでここに列挙して行きたいと思います。

私は一応医学部の学生なのですがこれらの方法は医学的根拠が無いものもありますので試す方は自己責任でお願いします。

無限に水を飲む

一度にいっぱいではなく喉を湿らせる位でそれはもう頻回に飲みます。これで喉の菌を流して胃酸で滅殺。炎症は身体の火事みたいな物なので鎮火のためには水もいっぱいいるよねってことで完璧かなと。そんなに飲めないって人はうがいでも良いかもですね。

ちなみにたくさん飲むので水かお茶がいいと思います。間違ってもポカリとかをこの方法でやったら糖尿病コースですね。加えて浸透圧の関係上尿も尋常じゃなく出るので個人的には排出もできて一石二鳥かなって思ってますが、用事がある時はきついね。

ご飯を食べる

本当にきつい時は無理ですけど、できればウィダーとかよりおかゆおかゆとかよりうどんとかを少し無理して食べた方が元気が出る気がしますね。病は気から。というか完全に何にも食べれない時は入院コースだと思うのでこれは当たり前っちゃ当たり前。

湿度を上げる

みなさん結構温度は気にしても湿度は気にしない人が多いと思います。私もそうでした。私はアパート暮らしなので普段湿度が25%位なのですが、普段は低いな位で特に気にしてませんでした。しかし今回の風邪で声が全く出なくなり、喉がいたすぎたのでどうにかして加湿しようと。とはいえ濡れタオルをかけても秒で乾く砂漠の物件だったので、応急処置として電気ケトルの蓋を取って加湿器の代わりにしました。そうするとみるみるうちに60%に!そして高校の化学を思い出しエアコンで温度を上げるとなんと90%になったんです。

咳をしても苦しみが少ない。呼吸がしやすい。入眠しやすい。などいいことしかなかったので是非みなさんもやってみてください。

 

私にちゃんとした加湿器をください...

早めに休む

おそらくこれが一番大事。ちょっと辛いなって時に早めに休む。いつもは残業してるけど明日に回そうとか、バイトは行けないことはないけど休んどこうとかそういう心がけが本当に大切。そこで治ればその日で終わりだけど、風邪になったら2〜3日消滅どっちがお得か考えれば、寝るのが一番ですよね。

そしてこちらが休まず部活に行って体調を粉砕した私になります。

免疫抑制系の薬は飲まない

これは普通の風邪ならね。私薬大好き人間なので薬飲むことは良いんですけど、炎症を抑えて治りを遅くしてたら意味ないと思うんで

漢方とか喉ヌールスプレーみたいなやつならノーリスクっぽいし良いかも。(試したことはないです)

寝まくる

例えば健常人が7時間寝るときって、7時間後まで起きることないと思うんですけど、病気の時は2時間ごとに、痛いとか暑いとか寒いとかで起きちゃいます。ということを考えると自然の当直医みたいなものなのでそれは普通の人と同じ時間じゃダメですよね。

ちなみにおすすめは12時間です。これだけ寝れば昼間は2時間くらいは頑張れます。

 

 

 

お見舞いで差し入れとかくれるとめっちゃ嬉しいよね。

ということでみなさんもどうかお大事に